【荒野行動】第1位が教える S-ACR 無反動練習法

今回は鹿児島県S-ACR1位がS-ACRを無反動にするやり方と練習方法を簡単にご紹介します。

キル数少ないから簡単とか言わないで。。。。。

わたしの独断ですのでご了承ください。

目次

S-ACRの性質

やはり無反動を極めるなら、まずはS-ACRの性質を理解しないといけません。

というわけでS-ACRの性質を簡単に説明します。

まず、S-ACRの性能は他のAR(5.56mm弾)と比べて低いです。

致命的なのはS-ACRは他のARと比べ連射速度が遅いので、近距離戦では撃ち負けてしまいます。

じゃあS-ACRを使う必要も練習する必要もないじゃん!

そう思った方もいると思います。

しかーし!S-ACRにも強みはあるんです。

  • フルカスタムすれば反動がとても小さくなる
  • 中距離~遠距離に向いてる(約200m~550m)
  • 横の偏差撃ちがやりやすい(走ってる敵に有効)

猛者の方は中距離以上でS-ACRを使い、近距離戦で短機関銃(MP5など)を使う方もいます。

決して弱い武器では無いので、使いこなして最強のS-ACR使いになりましょう。

S-ACRは4発指切り!

まずはS-ACRの反動を見てみましょう。

拡大してわかりやすくするとこんな感じです。

1.2.3発までは、ほとんどブレがなく4発目で少し上にあがりますが、リコイルする上でこれは許容範囲内です。

5発目で大幅に上と右にずれています。

個人的には指切りは4発ずつがいいと思います。

2発ずつが良い!という方もいますが、2発ずつだと発射レートが遅く打ち負けてしまう場合があるので、自分はあまりオススメしません。

4発ずつで上手くいかなかった場合は2発でやってみてください。

練習法

1.4発ずつの指切りの練習をする

まずは、止まったままでいいので指切りを練習しましょう。

4発ずつ撃つことを意識してください。

簡単に指切りをするなら「メトロノームアプリ」を使うのがオススメです。

S-ACRの場合は215bpmが良いです。

2.リコイルの練習をする

指切りに慣れてきたらリコイルの練習をしましょう。

S-ACRは反動が右上に上がるので、左下にリコイルします。

4発指切りしながらリコイルしてください。

ipadで録画出来ず、スマホでの撮影になってます。お許しを・・・
3.的撃ちやbot撃ちで練習
サイズの都合上短い動画しか載せれませんでした。

リコイルにも慣れてきたら後は、的撃ちやbot撃ちをしましょう。

ジャンプしたりリーンや伏せキャン、偏差撃ちなどしましょう。

ある程度慣れたら団体競技場で練習するのがオススメです。

最後まで見てくださりありがとうございました。

[けろぴっぴ7号] という名前で活動しているので気軽にフレ申してください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現役高校生ブロガー
2021/2/14~

コメント

コメントする

目次
閉じる